亜鉛を大量消費してしまう行動について

選ぶなら牡蠣サプリに限る!今日からはじめたい自己投資

亜鉛を大量消費してしまう行動について

亜鉛の吸収が悪いということは分かったけれど、亜鉛ってどのようなときに消費されてしまうの?という疑問が出て来ます。
亜鉛は常に消費され続けています。どのようなことにも、亜鉛の消費が付きまといます。
その中でも大量消費されてしまうという行動についての紹介です。

 

●ストレス・・・ストレスは本当に困った存在です。ストレスの掛かりすぎで病気になることがありますよね、これは全て亜鉛不足とも関連性があるのです。ストレスで亜鉛は大量消費されてしまいますが、そのことが間接的に病気を引き起こすとも言われています。

 

●薬・・・病気になったときに薬を飲みますが、薬とは本来は毒と言うと言い方が悪いですが、化学物質を混ぜ合わせたものであり肝臓で分解されます。薬の成分の分解には亜鉛が大量消費されることが分かっています。肝臓を労わるためにも亜鉛は必要なのです。

 

●激しい運動、仕事・・・激しい運動は亜鉛を大量消費させる要因のひとつとなっています。また、仕事が体力を使うという場合はどうしても亜鉛不足となりがちです。亜鉛をしっかり摂取するようにしましょう。

 

主な亜鉛の大量消費に繋がることを紹介しました。この他にも、インスタント食品の取りすぎ、アルコールの摂取などもこれに当たります。自分で気をつけられることは気をつけて行くということが必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ